かつしか夢ぷらす - NPO法人みらくる:若者の社会参加応援事業

かつしか夢ぷらす
若者の社会参加応援事業
新着情報

2019年9月22日(日) 13時15分〜17時

長期化・高齢化するニート・ひきこもり
孤立しないで自立した社会人になる 講演会&相談会

会場 :立石地区センター別館 2階 多目的ホール
参加費:無料
講演 :予約不要

*相談は要予約です。

演題
「就労移行支援事業所、就労継続支援B型・A型事業所、グループホームについて」 13時20分〜
(福田 由美子 氏)

「最後のセイフティーネット生活保護制度と受給者の義務」 14時30分〜
(安藤 善裕 氏)

「ニート・ひきこもり状態から就労にまでの個別相談」 16時10分〜
(NPO法人みらくる 専門相談員)


2019年11月4日(月・祝) 13時25分〜17時

孤立しないで自立した社会人になる 講演会&相談会

会場 :立石地区センター別館 2階 多目的ホール
参加費:無料
講演 :予約不要

*相談は要予約です。

演題
「ひきこもりのお子さんを育てた、現在育てている母親に聞く」 13時30分〜
NPO法人みらくる 別所 邦彦

「ひきこもりと就労経験から今思うこと」 14時30分〜
稲垣 篤哉 氏

「ニート・ひきこもり状態から就労にまでの個別相談」 16時10分〜
NPO法人みらくる 専門相談員


2019年8月31日 13時30分〜17時

孤立しないで自立した社会人になる 講演会&相談会

会場 :立石地区センター別館 2階 多目的ホール
参加費:無料
講演 :予約不要

*相談は要予約です。

演題
「若者の社会参加応援活動で思うこと」 13時30分〜
(別所 邦彦 氏)

「ひきこもりの心理と家族の対応」〜経験者相談員からの提言〜 14時10分〜
(丸山 康彦 氏)

「ひきこもり・ニートから就労までの個別相談」 15時50分〜
(NPO法人みらくる カウンセラー)


2019年6月23日(日)13時15分〜14時45分

家族の会
ひきこもりになった二人のお子さんをサポートして、現在は二人とも社会参加を果たしているお母さんからお話をお聞きします。

会場:立石地区センター別館 小会議室
参加:予約不要、無料


2019年4月27日(土) 14時30分〜16時

家族の会

会場 :立石地区センター別館小会議室
参加費:無料


RSS
全て表示

誰かが君のドアをノックする、そこから始まる物語

様々な事情から、学校や社会からドロップアウトせざるを得なかった方々が、やり直しをする機会を得やすい社会が求められています。
人間関係に苦しんだり、定型の勤務体制に馴染めなかったり、精神的な病を発症したり、働く意欲がありながらも「自分が馴染める働く場」が見つからない方々がたくさんいます。
若者の社会参加応援事業では、概ね39歳以下の、こうした方々に人間力をつけ、自己肯定感を抱いてもらうことで、最終的に自分その人に合った中間就労、福祉就労、一般就労を目指していただきたいと考えています。

誰かが君のドアをノックする、そこから始まる物語
未来(mirai)の地域社会をクリエイトする(create)する

「mirai」と「cr」を合わせてできた「miracr(みらくる)」が名前の由来です。 だから、奇跡を起こす、奇跡を望む法人ではありません。 では、未来の地域社会とは何か? 我々は法人のビジョンとして、つぎのように定義しました。 「自分らしく暮らし、働くことを選択できる社会」 これらのビジョン達成のために、現在は主に、電動補助付き三輪自転車を活用した「働く場の創出」事業と「若者の社会参加応援事業」を行っています。

沿革

2005年5月 「かつしか夢ぷらす(若者の社会参加応援事業)」を設立
2006年4月 葛飾区との協働事業として「若者の就労支援講演会・相談会」と
「不登校支援講演会・相談会」を開始
2010年4月 葛飾区との協働事業「若者の社会参加に向けた相談・支援事業」を開始
2011年5月 「特定非営利活動法人 みらくる」を設立
2012年4月 葛飾区柴又で電動補助付き三輪自転車の運行を開始、
3名のドライバーが参加
2013年12月 「特定非営利活動法人 みらくる」に「かつしか夢プラス」を事業統合

リンク

このページの先頭に戻る